ホームへ戻る  > 企業インデックス  >


株式会社 弘前セキノ興産

所在地
〒039-1114  八戸市北白山台2丁目9-13
TEL:
0178-27-9788
FAX:
0178-27-9783
事業内容
金属製屋根・壁材の成型販売
住宅機器・各種建材の販売
屋根及び外装工事の設計・施工
建築板金積算ソフトの販売
太陽光発電システムの販売
WEBサイト
http://www.sekino.co.jp

八戸流通センター内地図

共存共栄は歳月をこえて

昭和13年の創業当初、神・仏具を販売していた関野商店は、いま鉄鋼二次製品販売業界のトップランナーとして確固たる地位を築いています。60数年の歳月を経てもなお業界の牽引車であり続けているのは、仕入先取引メーカー様とお得意様とともに歩む姿勢を貫き続けてきたからと自負しています。SEKINOが掲げる共存共栄の理念は、時代が変わっても不変です。私たちはこの新しい世紀も皆様とともに歩んでゆきます。

■なぜ、広域ネットワークを敷くのか
東日本一円を網羅したネットワークは拡大志向の産物ではありません。各地域ごとの特色やニーズをしっかりと把握し、きめ細かな提案活動を展開したいからこそ、私たちは各エリアに根を張るように営業拠点を展開していきました。約60を数える営業拠点の意思疎通と情報共有は万全です。本部と営業店間のサポート体制強化、営業店同士の物流・情報ネットワーク化、さらには各地域のお客様の声をダイレクトに製品開発に反映させるシステムの確立。やみくもに手を広げただけの拠点展開では成し得ない、強固で緻密なネットワークがあります。

■なぜ、開発志向を持ちつづけるのか
 創造やクリエイティブという言葉は美しい響きを持っています。しかし、それが独りよがりの発明や研究では、美しくあっても意味がないとSEKINOは考えます。SEKINOの開発部で行われている創造作業は、全てお客様のウォンツを起点にしています。自社オリジナル製品開発やソフトウェアの開発は、自らの力を世に誇示するためのものではなく、あくまでもお客様の「ほしい」「あったらいいな」という声への回答です。私たちが開発した「板金メイト(見積編・CAD編)」は、お客様を業界新時代へ導くためのアイテム。SEKINOは建築板金業界の未来のためにこれからも業界をリードする開発に挑みつづけます。

■なぜ、絶えず挑戦するのか
 地球環境問題の深刻化、本格的な高齢社会の到来、情報化の進展など、ビジネスを取り巻く環境は刻々と変化しています。そんな中、漫然としていては企業の未来は拓けません。私たちは日々、時代のニーズを的確につかみ、商品力や技術力に磨きをかけています。SEKINOが手がける太陽光発電システムも、そんな試行錯誤の中から生まれた成果のひとつです。チャレンジに失敗はつきもの。私たちは失敗を恐れず挑戦し続けます。

■なぜ、一貫体制を確立するのか
 受け継がれてきたノウハウと、日進月歩で高性能化する機械設備。設計・加工・生産の自社一貫体制を確立しているSEKINOは、他社には真似できない高付加価値を生み出します。
SEKINOには最新鋭設備を導入したFA工場があります。究極の技術を模索しつづけるスタッフがいます。お客様の多様なニーズをすみやかにかたちにする工場と技術者の充実は、”単なる商社”からの脱却にチャレンジしつづけてきた結果です。技術を有する商社の強みを十二分に活かした活動がSEKINOの未来を拓くのです。

■なぜ、事業の将来性を約束できるのか
 普段何気なく見過ごしていますが、建築物には必ず資材が存在します。ビルでも住宅でも、鋼材や建築資材なくしては作品はつくれません。世の中には地味なところで重要な役割を果たすものが数多くありますが、建築資材としての金属建材はまさに建築物の名脇役です。建築物に美を吹き込み、機能性を奏で、安全性を描く。こうした役回りをもつ製品のニーズが無くなることはこの先もありえないでしょう。SEKINOのビジネスは、建築技術との二人三脚で進化を続けます。

cms/viewimg.php?entryname=company&entryid=00037&fileid=00000002&/jimusyo.jpg
毎日がこの事務所から
cms/viewimg.php?entryname=company&entryid=00037&fileid=00000003&/syuyoseihin.jpg
主要製品の成型加工

会社概要

cms/viewimg.php?entryname=company&entryid=00037&fileid=00000001&/sekino.jpg

代表者
関野光俊
設立
昭和49年9月
資本金
4,800万円
年商
42億円
従業員数
61名
営業所
弘前、青森、五所川原、八戸、十和田

▲このページのトップへ